女性器革命

HOMEへ戻る
整形メニュー

女性器整形メニュー4
大陰唇の縮小・増大術

水着姿で浮かび上がる“スジ”は出すも消すも自由自在。

 大陰唇とは外性器のもっとも外側、太ももの付け根と小陰唇の間にあるふっくらと盛り上がった部分のことです。ここが大きくもっこりとしている人もいれば、目立たないほど小さく薄い人もいます。

 大陰唇が大きいと水着姿になったときにスジが布越しにわかってしまい、それが恥ずかしくて水着になれないという女性もいます。また、盛り上がりがとても大きい女性だとパンツスタイルにまで影響が出てしまい、タイトなパンツや薄手のパンツがはけないということも。このような方には大陰唇縮小術が適しています。大陰唇の盛り上がりを小さくすることで、衣服の外からスジが見えないようにする施術です。

 施術はまずカウンセリングをしてから、陰毛をキレイに処理して局所麻酔をします。あらかじめ陰毛の処理を施している方は施術をスムーズに進められます。麻酔が効いたら、レーザーメスでカットし、なかの脂肪を適切な分だけ除去して形を整え縫合します。縫合糸は時間がたつと溶けてなくなるので、後日、抜糸のために来院する必要はありません。施術時間は約30分。カウンセリングや剃毛などを含めても1時間以内に終わります。施術後はとくに痛みもなく、当日歩いて帰宅できます。

スジを出してセクシーにもできる

スジを目立たせてセクシーに

 一方、大陰唇が小さいことに不都合を感じる方もいます。具体的には大陰唇にハリがないことでシワが気になるという方や、水着を着たときのセクシーさを求めてスジを強調したいという方です。こうしたケースの場合には、大陰唇増大術で大きく膨らませ、スジを出すことも可能です。

 じつは、グラビアタレントの方の間では、水着を着た際、スジが出るとオーディションで有利になるという噂もあるようで、そうしたオーディションの前に施術を希望される方もいらっしゃいます。

 施術を希望される場合は、カウンセリングのあと、局所麻酔をしてから大陰唇に注入材を注入します。注射で済むので、陰毛の処理はとくに必要ありませんし、施術後は通院の必要もありません。施術時間も約5分と、すぐに終わります。

 注入材には徐々に身体に吸収されるので、時間がたてば元の大きさに戻るものがあります。大陰唇の大きさを保ちたい場合、永久的に続く注入材を使用するか、元に戻るからこそ恋人の好みや仕事の都合に合わせて大きくすることいった選択もできます。

 もちろん注射針は非常に細いので傷跡は目立たちませんので、何度かリピートをしても注射の跡は残りません。繰り返し注入しても、見た目や皮膚の質感を損なわないので安心です。

膣圧診断無料

膣圧診断無料

キーワードで検索

ex) 女性器、下半身の悩み、モテる女性、G-shot、膣圧測定