女性器革命

homeへ戻る
体験記

[case1] 思春期のひと言で始まったコンプレックス。施術をしたらデートができるように!  K・Sさん(25歳・公務員)

初めてのHでカレの言葉に傷つき、お付き合いに自信が持てなかったところ……。

 中学3年生のときにクラスメートの男の子と付き合いました。初めてのカレ氏との初めてのH——ところがカレに、アソコがAVで見たものより黒いし、なんだか臭いといわれてしまって……。ショックでその後のことはよく覚えていません。自分でも鏡で見てみましたが、確かに黒いし臭うんです。高校や大学で付き合った人もいましたが、やっぱりそのときのことがトラウマになってしまい、嫌われてしまいそうで、結局Hができませんでした。付き合っているのにHをさせないなんてひどいですよね。でも下着を脱いでカレに引かれてしまうくらいなら、最初から見せない方がいいかなと思い、拒み続けてしまいました。

 最近はお食事に誘ってくれる男性もいますが、大人ですから恋人になったらHをしないわけにはいかないでしょう。でもやっぱり見られるのには抵抗があってできそうにありません。期待させるのも悪いので、お食事からお断りしています。

 そうはいってもいつかは結婚したいと思っています。なんとか解決したいと思っていたときに、女性器の整形をする先生がいるという話を耳にしました。そして、クリニックを探し思い切って行ってみることにしたんです。先生にも見られるのは恥ずかしくてたまらなかったのですが、少し小陰唇が大きいために下着でスレて黒ずんでしまうだけで、よくある症状だと説明を受けて気持ちが楽になりました。気になっていた臭いも、小陰唇が大きかったため、ヒダのなかがムレて雑菌がたまりやすくなっていたからなんだそうです。

 すぐに黒い部分を切除してもらい、鏡で確認したときはホッとしました。ピンク色になって、施術後はお風呂やトイレでも臭いが気にならなくなりました。

 これなら好きな人に見られても嫌われることはないと思います。ようやくお食事の誘いを受けることもできました。この年でほとんど経験がないので不安はありますが、今度好きな人といいムードになったら逃げずに頑張ってみようと思います。

コンプレックスに思っていたこと

大きな小陰唇の黒ずみや臭い

どんな施術で解決した?

小陰唇縮小術

膣圧診断無料

キーワードで検索

ex) 女性器、下半身の悩み、モテる女性、G-shot、膣圧測定